おうち料理 盛りつけで変身 祐成二葉 まちかど情報室 9月21日

コロッケ料理

2021年9月21日のまちかど情報室のテーマは”おうちごはん 簡単盛りつけ術”でした。

ひと工夫するだけでおうち料理が変身する技を教えてくれたのは料理研究家 祐成二葉さん。二葉さんはレシピの開発から盛りつけ方の研究まで行い、料理教室でその技を伝えています。

食べ物は食べるより何より、目で見てうわーというのが欲しいです。家庭で作るような惣菜でも、いくらでも盛りつけ次第で変化できます。

おかずの定番コロッケ

野菜と一緒に普通に盛り付けても十分美味しそうですが、これをちょっとご馳走風に変身させる技があります。

ポイントは皿の上の余白です。結構よく見るのは、皿にたっぷりと盛ってしまう。

逆に、少し大きめの皿にゆとりを持って盛り付ける方が、高級感が出てきます。

①縁のある一回り大きめの皿を選ぶ
②付け合せの野菜はコンパクトに盛る
③ソースを下に敷くと非日常感もアップ
④コロッケは付け合わせから少し離しておく

高さを出すために付け合わせのキャベツ・玉ねぎは、氷水に5分ほどさらすと、立体的にシャキッと盛りつけやすくなります。

パセリをチョロッと散らせば完成。定番のおかずも、ほんのひと工夫で、ちょっとしたご馳走風に見えます。

祐成さんによると、料理と余白の比率は7対3くらいがいいそうです。七三盛り。

ローストビーフ

ローストビーフは最近はスーパーなどでもよく見かけます。

せっかくのごちそうも、普通に並べると、ちょっと平凡な印象になってしまいます。

盛りつけが平面の的なものは美味しそうに見えないので、高さを出して影を作ると変わってきます。

まずマッシュポテトを山形に盛ります。オニオンスライスも山形にして添えます。

丸めたローストビーフを、囲むように一つずつ立てかけていきます。

さらに赤玉ねぎで彩りを添えてアクセントに。粗挽き胡椒を使います。

これだけでレストランで出てくるような一皿に変わります。家庭料理もパッと明るくなります。

ミートボールなど丸くて小さい料理

転がりやすくて高さが出しにくいです。

高さを出すには串を使います。串に刺して、お互い立てかけるように盛りつければ、立体感が出て高さが出ます。

串刺しにすることで、彩りも良く、さらに食べやすくなります。

やはり、市販のものとか買ってきたものを上手く利用して、盛りつけ方を変えるだけでもずいぶん違います。

ポイントを押さえれば誰でもきれいに盛りつけることができるので、ぜひやってみていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました