冬の洗濯のポイント 冬物の洗い方 中村祐一

冬物家庭

2022年1月11日のまちかど情報室のテーマは”冬の洗濯術”でした。悩みの多い冬の洗濯方法を教えてくれたのはクリーニング店の3代目 中村祐一さん。

中村さんは洗濯アドバイザーとして企業や一般向けの講演など行っています。

冬の洗濯のポイント

そんな中村さんが冬場の洗濯にまず大切だというのが…

水の量です。 夏よりも冬物は衣類が厚いため、水を多く含んでしまって、水が足りなくなって、洗浄力が下がってしまうことがあります。水を増やすことがポイントになります。」

簡単に水の量を増やす方法は…

一般的な洗濯機の場合、スタートして水量を自動で計算した段階で、一旦止まります。

そこで、水量の設定を1~2段階上げると、足りない水が補われ、汚れが落ちやすくなります。

さらに洗浄力を上げる技があります。

バケツ1杯のお湯を入れることです。

冬場は水温が低い分、汚れが落ちにくいため、お湯を加えて、量だけでなく温度も上げることで、より効果が高まります。

ただし衣類の色落ちを防ぐため、入れるお湯は30~40℃にしましょう。

冬物衣類の洗い方

セーターなどウール100%の衣類は難しいです。

縮ませずに洗う方法を中村さんに教わりました。

まず30℃以下のぬるま湯におしゃれ着用の中性洗剤を適量入れす。

そこへウールを沈め、3分間浸け置きしますが、ここで気をつけることがあります。

絶対に動かさないようにするのが最大のポイントです。

ウールは濡れた状態でもんだりこすったりすると、繊維がからみ、それが縮みの原因になります。

3分置いたら、2分間ゆっくり押し洗いをします。

繊維がからまないように上下にゆっくり水をくぐらせるイメージです。

ここで中村さんの技。

すすぐ前に、洗濯機で30秒ほど脱水します。

「押し洗いの後は、洗剤が汚れを包み込んだままの状態なので、脱水することで汚れた洗剤を衣類から離すことによって、汚れを落とす効果が高まります。 」

縦型洗濯機の場合は、遠心力で衣類が内側に張り付いたまま回るので、繊維がこすれて縮むことはありません。

あとは押し洗いの要領ですすぎをし、もう1度最後に脱水すれば完了です。

ドラム式の洗濯機で行う場合は、縦型の場合はよりも、中で衣類が動くので、生地がこすれないように、洗濯ネットに入れて洗うようにしてください

ただし絶対失敗したくないという衣類の場合は、クリーニング店に出すのがおすすめです。

冬場に活躍するフリース生地の衣類。

洗濯によって毛玉ができやすいですが、この毛玉を防ぐためにブラシを使うと便利です。

洗濯の前と後にブラシをかけます。

先端に丸みがあって、弾力のあるものを使うといいです。

毛玉ができる前にブラシをかけることで、からみ合った繊維はほぐれ、洗濯の際に毛玉ができるのを防ぐ効果があります。

様々な種類の素材が増えるのが冬の洗濯なので、その素材の特性に気をつけて、上手に洗濯するのがポイントです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました